NPO法人東京いのちのポータルサイト

新大学生のみなさん 地震に強い(へや)に住もう!

「大学入学直前マニュアル」のイメージ画像

 1995年1月に発生した阪神・淡路大震災の犠牲者は6,434人。年齢別にみると、お年寄りが圧倒的に多いのですが、実は20〜24歳の若者も目立ちます。これは神戸など被災地に大学が集中していたからです。
 壊れたのは古い家や木造アパート。耐震性のない建物に住み、家具に囲まれて寝ていた大学生が大勢亡くなりました。

 同じような事態は全国どこでも起こる可能性があります。たとえば東京では、今後30年以内に70%の確率で首都直下地震(マグニチュード7クラス)が発生するのです。

 このことを踏まえ、新大学生がアパート探しをするときに、アパートの耐震性を自ら調査するようにチェックリストを作成しました。高校3年生、予備校生だけでなく、大学生、新社会人、その親御さんや祖父母、先生などに広く呼びかけるキャンペーンを実施します。


「大学生のためのチェックリスト」のイメージ画像

大学入学直前マニュアル

 コレを知らなきゃ大学生になれない!?入学前にぜひ知っておきたい知識満載です。

大学生のためのチェックリスト

 アパート暮らしをする人もそうでない人も、コレで自分の生活をチェックしてみましょう!

 ここ↓からダウンロードでして、友達にも見せてくださいね。

 大学生のためのマニュアル&チェックリストをダウンロード
  (PDFファイル 1,383KB)

チェックリストの解説

 チェックリストの詳しい解説があります。こちらもご覧ください。

 大学生のためのチェックリスト 解説編

イラスト出典:『地震イツモノート』(木楽舎)
協力:NPO法人プラス・アーツ

CD説法士「サバイバルゲーム イン六本木」のラベル画像

 ハリウッド美容専門学校に通う主人公のなな子と、大学3年で就職活動中のジンは、12月のある寒い日、六本木ヒルズでデートの待ち合わせ。午後6時、待ち合わせ場所に現れた2人に、震度7の大地震が襲いかかる・・・というストーリーに沿って二者択一クイズが12問出題されます。

 このCDは、学校の授業で、企業の社員研修で、行政あるいは町内会や地域の防災会、PTA主催の防災セミナーで、活用していただくために作成しました。

 地震は必ず来ます。避けることはできません。でも、被害を少なくすることはできます。私たちは、このCDやチェックリストが一人でも多くの方の目に触れ、来るべき大地震の被害が少しでも減ることを願っています。

 なお、この「CD説法士」は、2007年11月5日開催の「第1回 日本耐震グランプリ ―耐震の国民運動を―(第9回都市防災推進セミナー)」で、参加者全員に配布しました。

「CD説法士」については「CD説法士「Survival Game in六本木」」をご覧ください。

問い合わせ先

 東京いのちのポータルサイト事務局(担当:寿乃田、鍵屋、小田)
 メール:grand-prix@tokyo-portal.info
 所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿6-7-1エルプリメント新宿209
 ファクス:03-5913-7251

▲ページの先頭へ