2009年11月25日更新

メニューをスキップ

「第3回 日本耐震グランプリ」受賞者発表!


 この賞は、「住宅の耐震化」「家具の転倒防止」等に的を絞ったユニークな賞です。阪神・淡路大震災の「真の教訓」をアピールするために創りました。

 阪神・淡路大震災では、地震直後に5,500人以上の方が亡くなりました。
 その85%の方は壊れた建物や家具の下敷きになっての窒息死や圧死です。10%の方はやはり壊れた建物の中で身動きができないまま焼死されました。

 これらの被害者は、住民や自治体、消防、警察、自衛隊がいくら救助態勢を整えても助けることはできません。日頃の防災訓練も、食糧や水の備蓄も役に立ちません。人が死なないためには、住宅を耐震補強するか建替え、また家具を固定して下敷きにならないようにするほかはないからです。


「第3回日本耐震グランプリ」受賞団体


グランプリ

優秀賞

※「第3回日本耐震グランプリ」の応募要領や選考方法などは「第3回日本耐震グランプリ参加者募集!」をご覧ください。


「第3回日本耐震グランプリ」表彰式

 2009年11月16日(月曜日)に、「第3回日本耐震グランプリ ―耐震化推進の新たなステージへ(第11回都市防災推進セミナー)」で行います。

 このセミナーでは、表彰式のほかに、有識者によるシンポジウムを実施します。ぜひご参加ください。

  詳しくは、「第3回日本耐震グランプリ ―耐震化推進の新たなステージへ(第11回都市防災推進セミナー)」をご覧ください。

※セミナーは終了しました。

応募先・問い合わせ先

 東京いのちのポータルサイト事務局(担当:寿乃田、鍵屋、小田)
 お問い合わせ:耐震グランプリに関するお問い合わせフォーム
 所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿6-7-1エルプリメント新宿209
 電話番号:080-5544-1500 / ファクス:03-5913-7251

ページトップに戻る